事業定義

キャリアンヌでは、ブランドを企業の永続的発展をもたらす事業資産と定義し、中小企業オーナーが持つ明確な企業理念・経営理念のもとで、常に変化する社会の中、どのような経営ビジョンを持ち、どのようにブランド戦略を構築していくことが、中小企業オーナのビジネスと企業成長に最良かを共に考え、ブランドを共に育んでまいります。


プロジェクトの進め方

キャリアンヌ代表の三品 香は、中小企業におけるブランド開発のプロジェクトを進行する際、ブランドの持つ使命の明確化を最も大切にしています。ブランドの持つ使命は、中小企業オーナーの持つ企業理念・経営理念から紐解かれ、その理念を具現化するものでなければなりません。キャリアンヌでは、三品 香の長年の経験と実績から生み出した独自の手法を用い、中小企業オーナーが持つブランドの課題を分解→分析→再編集することで、最も適切なブランド戦略の仮説を立て、高いデザイン創造性を持つクリエイティブチームと共に、ブランド価値の最大化を図るコンサルティングからブランドコミュニケーションデザインまで全ての流れをワンストップで行います。


キャリアンヌの誇る
クリエイティブチーム

キャリアンヌ代表の三品 香のキャリアのスタートは、デザイン会社のコピーライターでした。そのため、クリエイティブディレクター、アートディレクター、プランナー、デザイナー、コピーライター、フォトグラファー、イラストレーターといったクリエイティブチームにおけるチームワークの重要性を熟知しており、三品 香のキャリア形成において育まれたクリエイターネットワークは深く、多岐にわたります。
キャリアンヌでは、中小企業のブランド開発において、プロジェクトの目的に応じたクリエイターのトップチームを組み、常に風雪に耐え、打たれ強い、そして芸術性を伴ったブランドコミュニケーションデザインに挑戦しています。特に近年は、ブランド開発により多くの実績を持つプロフェッショナルなデザイナーから、才能にあふれた若手デザイナーの起用のほか、デジタルマーケティングを意識したWEBデザイナーやWEBシステム開発者との連携を強めています。

<主なクリエイターの役割>

●デザイナー
ロゴマーク、アプリケーション、パッケージ、販促ツール、空間、デジタルデザイン開発など

●コピーライター
ブランドメッセージ、スローガン、ネーミング開発など

●デジタルデザイナー
WEBデザイン開発、SNSにおける情報発信など

●フォトグラファー
ブランドイメージ、商品、取材時の撮影など

代表の三品 香(みしなかおり)について